太陽とサンダル 作詞曲 與那覇良大


夢にまで見てた太陽
暑すぎてサンダルを履く
2人で1つだよ。
きっと僕等『太陽とサンダル』

青い空見上げて綺麗な海を見渡す
たくさんいる人の中に紛れても

飛行機雲が繋いだ光り輝く糸
その糸を辿り続ければ太陽がいる!
潮風に負け少しも薄れぬように。
見つけた!!

走りだした今の僕は
君に向かい咲く花のようだ
四の五の言う前に
今までの自分の皮を剥がせよ!
宙を舞い弾ける水が2人の未来を遮ろうとも
照らし続けてよ
きっと僕ら『太陽とサンダル』

心臓の音
風鈴のようだ。

君(太陽)がいるとこ、
僕(サンダル)が必要なんだって気付けよ…

走りだした今の僕に、
君は笑う太陽のようだ。
季節が変わっても寄せたら返してね



走り出した今の僕は

君に向かい咲く花のようだ
サンダルの跡が2人に最初の想い出を作る
砂浜に書いた気持ちが
届く前に波にさらわれても
今度は伝えるよ。
さらわれないよう言葉に変えて

君が僕に付けた跡が
いつまでも僕の気温を上げる
ずっと待ってたよ。
この瞬間、僕の太陽!
やっと見つけた
最後のワンピース

君と僕は『太陽とサンダル!』